文化遺産 宮島(厳島) 弥山 大本山 大聖院 公認

願いが叶う 心願成就の〜心願玉〜

古くから多くの人に親しまれている天然石水晶のお守りを心願玉として1つずつ丁寧に作ってお届けしています。

心願玉の使い方

心願玉は、様々な場所や目的でお使い頂けます様に考えたセットでお届けしています。
「願いが叶う 心願玉」として
お客様の心の拠り所のお守りとしてご使用いただければと思います。
 

願いが叶う 心願玉

心願玉が届いたら

心願玉が届いたら、まず置き場所を決めてみましょう。

 例えば...

  •  家内安全・・・玄関、リビング、鬼門、裏鬼門、守って欲しい場所
  •  心願成就・学業・・・目的を達成したい方の側(机、部屋)
  •  恋愛・良縁・・・寝室、リビング、玄関、持ち歩き
  •  健康(特定される方へ)・・・その方の部屋、側
  •  健康(家族等)・・・リビング、玄関

 
 
心願玉は天然水晶を使用しているので全方位対応になっていますので、あまり堅くならずに、
気になる所やリビング等に置いてみましょう。
 

心願玉が届いたら

心願玉に願いを込める

心願玉の置き場所が決まったらお願いしてみましょう。

 玉を握ってお願い事を心の中で唱えたり、台座にセットした玉に手を合わせてお願い事をしてみましょう。
 
心願玉は、お届けの前にご祈願(お加持)していますので、お寺などに参った時の様にお願い事を心願玉に伝えましょう
心願と合わせてご真言を唱えるのも良い方法です。(一緒にお届けする心願玉の書をご覧ください。)

 

心願玉へ願いを込める

浄化してみよう

末永く使用できるよう浄化してみよう。

 お部屋に置いておいたり、持ち歩いていたりしますと、物質的な汚れや水晶特有の濁り等が出てきます。
汚れてきたら定期的に浄化してあげましょう。
 
心願玉のセットには水晶のサザレ石が入っていますので玉台に乗せた心願玉の下に敷いて浄化を兼ねた相乗効果にご利用ください。
 
水晶なので全ての浄化方法に対応しています

◎日光 ◎月光 ◎流水 ◎お香(ホワイトセージ) ◎音叉

 

心願玉の浄化

付属品の使い方

付属品のセットの仕方と使い方

心願玉は様々な場所、目的に合わせてご利用頂ける為の付属品が入っています。
取り決めなどはございませんので、お客様の方法でご使用下さい。

 
心願玉専用玉台座

玉台座

  台座は心願玉を乗せて置く玉台としてご利用ください。
 
浄化用さざれ石

水晶さざれ石

浄化を兼ねて水晶のサザレ石をご利用ください。お皿にさざれ石を敷いて玉台と心願玉を乗せて置き浄化を兼ねた相乗効果としてご利用いただけます。
  
持ち歩き用ポーチ

 

持歩き用ポーチ

不安な時や場所では持歩き用ポーチに心願玉を入れて持歩いてください。お部屋以外でも、いつも肌身離さず持って歩いていただけます。
 

大聖院の心願玉専用の護符

心願玉専用 大聖院 護符

ご祈願の証。大聖院で頂く心願玉専用のお守り(護符)は心願玉と一緒にお部屋に置いても、お財布に入れて日々のお守りとしてご利用ください。
  
地染め手ぬぐいハンカチ付き

地染め手ぬぐいハンカチ

エンジ色に染めた地染めの手ぬぐいハンカチでお包みしてお届けしています。心願玉を敷いておく布や、そのままハンカチとしてご利用ください。
 
心願玉専用の桐箱

心願玉専用桐箱

心願玉は桐箱へ入れてお届けしています。桐箱のフタをそのままお皿としてご利用頂けます。

願いが叶ったその後は

当店が責任を持って御供養(閉眼)させて頂きます。

◎ ご希望の方のみ ◎

  •  ご信仰を重んじてらっしゃる方。
  •  お焚き上げをご希望の方。
  •  願掛けをされた方。
  •  一年のお守りとしてお持ちの方。 

ご供養(閉眼)を希望のお客様は、心願玉と護符(セット全てでもOK)を当店までお送り下さい。
供養料は1,000〜となっておりますのでお気持ちでお願いいたします。
当店が責任を持って大聖院へお焚き上げ(性根抜き)へお願いして参ります。
 
個人の心の持ち様(信心)でありますので必要なくなった時は付属の桐箱へ納めて下さい。
必ずしも閉眼(ご供養)する必要はありません。

 

心願玉は天然水晶で作られているので末永くお持ち頂いても大丈夫です

心願玉は、必要な時に、神仏と繋がる様にした電波塔の様なもので仏がおりてこられる様に施したお部屋(空間)です。
清浄な場所を保つ為、天然石の源であり強い浄化作用の水晶をベースに作られていますので必ずしもお焚き上げ等の必要はありません。

 

願いが叶った後でも、お守りとしてお部屋に飾って末永くご利用ください。

 

少し難しいお話

願掛けとは代価(代償)を払う事、つまり一つのお願いに対して叶ったらこうしますと約束(契り、契約)する事であり、お金あるいは禁酒など命の次に大切なものを差出す変わりに叶えて下さいと言うことで叶った暁には、その旨を自身へ課した禁と共にお焚き上げ(火)で神仏に届ける事であります。
少し怖いお話しになりましたが願掛け(宣言)は「想いであり重い」です。

貴方のお世話になっている霊能者、ヒーラーをご覧下さい、肌が蝕まれていませんか?そういった方々は利益や名声だけを追求するから身体等で代償を払わされています。だからこそ、清浄なお部屋(無の空間)として作った心願玉をご利用ください。「自分自身でも頑張るから」「ただ単に縋ります」「感謝の気持ちを持って進みます」などの優しくまた力強い気持ちだけでお願いしてみましょう。願掛けをしたとしてもご供養料1,000円(急ぎの場合交通費等+3,000)です。神仏は大きな慈悲の心をもつ存在です、只只、純粋に心願玉を通してお願いしてみましょう。